中西 崇之院長 上本町どうぶつ病院 | ドクターズインタビュー

メニュー
街の頼れる獣医たち vol.033
上本町どうぶつ病院中西 崇之院長
2,499 views

少しでも早く安心していただくために。早期回復を叶える、負担の少ない手術

―上本町どうぶつ病院で実施している手術の特長を教えてください。

診察から治療までを正しく、スピーディに行える検査体制が特長のひとつです。CTとMRIを除いて治療に必要なすべての医療機器を取り揃え、年間で約1,000件の手術を行っています。また一般診療のほかに専門外来を設置。皮膚科と腫瘍科では国内トップクラスの専門医をお呼びし、希少疾患の治療や高度な手術にも対応できる体制を整備しています。
このほか、小児用麻酔にも使用される高性能麻酔器や、傷跡が残りにくい最高級の縫合糸など、人間を治療する医師にも驚かれるほど、使用する機器や道具にはこだわっています。

―“負担の少ない手術”は、どのように行うのでしょうか?

具体的には4つの工夫で実現しています。
1つ目は、麻酔の時間を短縮するために手術時間の短い術式を採用すること。2つ目は、消炎鎮痛剤を利用し、麻酔から覚めたあとの痛みを減らすこと。3つ目は詳細な術前検査。これは手術中の急変や術後の経過不良の確率を低減させ、麻酔の安全度向上にも貢献します。4つ目は、術後管理を動物用ICUユニットにて行うこと。温度・湿度・酸素濃度を管理し、ガラス扉なので術後変化に迅速に気付き対応することができます。
これらの工夫により、術後の早期回復が実現できます。つまり負担の少ない手術は、飼い主様の安心につながる手術ともいえます。

―“糸を使わない手術”についてもお聞かせください。

当院では、超音波手術システム「ソノサージ」を用いた手術を行っています。ソノサージとは、血液を固めながら切開できるメスのことです。これを利用する理由は、止血と切除を安全かつ確実に行うため。腫瘍の切除や臓器を摘出する手術では、切断した血管を縫合する糸が原因となって異物反応性肉芽腫という病気を引き起こすことが稀にあります。そのリスクを回避するために、体内に糸を残さない手術を行っているのです。ソノサージは縫合よりも処理速度が速いので、手術時間短縮のためにも欠かせないアイテムですね。

―読者の方へメッセージをお願いします。

開業以来、病院の都合ではなく、飼い主様の気持ちに寄り添う治療を大切にしてきました。手術の大小に関わらず、飼い主様が抱える不安の大きさは同じだと思います。安心して治療をお任せいただくには、信頼関係が欠かせません。だからこそ、治療に入る前にしっかりと説明を行い、十分に話し合いを行っているのです。
他の病院では治療ができないといわれた、老犬だから麻酔がかけられないので手術を諦めている、そんな飼い主様はぜひ当院にご相談ください。最善の治療方法を一緒に考えましょう。

根拠のある診断と負担の少ない手術で、飼い主様に納得と安心を

上本町どうぶつ病院

場所
大阪府大阪市天王寺区上汐3丁目6−14 末広ビル 1F MAP
電話
06-6772-1002
診察動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他

新着インタビュー

MORE