中西 崇之院長 上本町どうぶつ病院 | ドクターズインタビュー

メニュー
街の頼れる獣医たち vol.033
上本町どうぶつ病院中西 崇之院長
1,293 views
関西と東海をつなぐ近畿日本鉄道の主要駅である「上本町」駅。そこから徒歩約5分の場所に、上本町どうぶつ病院はある。一般診療から専門診療まで、年間の手術件数は約1,000件。その豊富な実績を支えているのが、充実の医療設備と高度な手術にも対応できる診療体制だ。多種多様な検査機器が並ぶ様子は、理念である“根拠に基づいた医療の実践”を体現している。他では治療が困難とされた患者さんを数多く受け入れ、徹底した検査によって根拠のある診断と治療を提供。多くの飼い主様から支持を集めている。安心と納得のできる治療を大切にする中西崇之院長へ、診療に対する想いや手術へのこだわりについてお話を伺った。(取材日 2018年12月7日)

飼い主様の気持ちに寄り添い、根拠に基づく診断と治療を提供する

―開業時までの経緯、天王寺で開業された理由を教えてください。

獣医師を志したときから、いつかは開業すると決めていました。大学卒業後に勤務したのは、栃木県の動物病院。当時の院長先生が私の開業への想いを理解してくださり、あらゆる手術を担当する機会をいただきました。開業までに多彩な経験を積むことができたのは、院長先生のおかげです。今振り返っても、本当に濃密な時間だったと思います。
開業の地として天王寺を選んだのは、私の生まれ育った街だからです。勝手知ったるこの場所に戻り、専門性の高い治療の提供を目指して、上本町どうぶつ病院をスタートさせました。

―どのような患者さんがいらっしゃいますか?

病気の程度はさまざまですが、難易度の高い手術が必要な病気を抱える患者さんや、年齢などを理由に他の病院では治療が難しいと判断された患者さんが中心です。比率はおよそ、犬が6割、猫が4割。専門性の高い治療を行っているため、他院の先生から紹介を受ける機会が多いですね。また、大変ありがたいことに、当院に通う飼い主様からの紹介で来院される方も多く、大阪市内のほかの地域からもお越しいただいています。

―診療の際に心掛けていることはありますか?

根拠に基づいた治療を行うために、検査で十分な根拠を得てから診断するようにしています。また飼い主様に納得のいく治療を選択していただけるよう、分かりやすい説明を行うこと。そして質問しやすい雰囲気作りにも努めています。
例えば術前検査の結果によっては、手術よりも内科的な処置の検討が必要になるケースもあります。その際には、検査結果や医師としての見解を伝えるだけではなく、「手術するリスク」と「手術しないリスク」の両方を説明。飼い主様と相談しながら決定するというプロセスを大切にしています。

根拠のある診断と負担の少ない手術で、飼い主様に納得と安心を

上本町どうぶつ病院

場所
大阪府大阪市天王寺区上汐3丁目6−14 末広ビル 1F MAP
電話
06-6772-1002
診察動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他

新着インタビュー

MORE