鴨林 慶院長 彩の森動物病院 | ドクターズインタビュー

メニュー
1,996 views

頼れる獣医が教える治療法 vol.008

犬・猫の内科疾患
消化器系疾患
犬・猫の内科疾患
彩の森動物病院
鴨林 慶院長
2,045 views
人間同様、ペットにも診断・治療が複雑な疾患が増えているという。昔ながらの印象が残る七夕商店街の中にある「彩の森動物病院」は、モダンで明るい院内。ペットの診察のほか、トリミングやペットホテル、急患や重症動物の入院施設等もあり、毎日忙しい。近所の動物病院からも、「難しい病気なので」と紹介されてやって来るペットと飼い主から信頼が厚い鴨林慶先生。麻布大学附属病院での診療を通して難治性疾患の診察にも取り組んでいる。血液内科・消化器内科・がん腫瘍科・整形外科・眼科などに力をいれ、多彩な診療科目の治療を行う。今回は総合内科について鴨林先生にお話しを伺った。(取材日 2016年11月28日)

いつもより食欲がない、嘔吐や下痢を繰り返すなどの症状を見逃さないこと。

―消化器内科ではどのような病気を診ますか?

普段の診療においては、吐いたり下痢をしたりといった主訴で来院される方が多いです。症状として嘔吐、下痢があらわれていますが、その原因は多岐にわたります。単なる急性胃腸炎から、異物の閉塞や機能性イレウス、膵炎、腫瘍、免疫疾患、内分泌、血液疾患などさまざまな原因があります。また吐いたり下痢をしていても元気にみえる子もいれば、痩せていたり、腹水や貧血を伴っているケースもあります。

―どのような検査を行いますか?

ケースによりますが重症の場合には、正確な血液検査と画像診断は必須になります。血液検査と画像診断をすることで多数ある候補の病気から鑑別診断を狭めていき、なおかつ基礎疾患の存在を確認します。内科疾患では根底に基礎疾患があり、その上でいくつもの症状がでてくるケースがしばしばあるので、基礎疾患を確認することは非常に大切です。例えば、肝臓や腎臓の数値が悪いというだけで肝不全、腎不全と決めつけると大きく病気を見誤る可能性があります。消化器疾患では、検査結果から確定診断に進むために生検が必要になることが多いです。

―生検とはどのようなことをするのですか?

超音波診断を行いながら細い針で細胞を採取することや、内視鏡を用いて腸粘膜を採取することもあります。患部の組織の一部を切り取って病理診断を行うことを生検と言います。
ケースによっては、開腹して直接患部を切除する切除生検を選択することもあります。
血液検査と超音波検査などの画像診断で異常所見が見つかった場合、どのような生検が適切かを飼い主様と相談しながら判断をします。

―内視鏡はどのような場合に使われますか?

免疫介在性疾患を疑う炎症性腸症・リンパ型拡張症・消化管型リンパ腫などの腫瘍が疑われる場合です。口腔からだけでなく大腸側からアプローチすることもあります。
内視鏡の診断によってその後の治療方法・予後が大きく変わるため、必須の検査であると思います。
また内視鏡には生検を目的とした使用以外にも、異物の摘出を目的として使用する場合もあります。
若齢期に多い異物の誤飲で、オモチャや固いおやつなどが食道~十二指腸付近に詰まってしまった場合に内視鏡と異物摘出用の鉗子で対応可能な場合があります。特に食道内に詰まってしまった場合は内視鏡が有用です。

123
犬・猫の内科疾患

彩の森動物病院

場所
埼玉県狭山市入間川3丁目19−5 MAP
電話
04-2937-7797
診察動物
イヌ ネコ ウサギ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 消化器系疾患 腎・泌尿器系疾患 血液・免疫系疾患 整形外科系疾患 感染症系疾患 腫瘍・がん

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE