犬猫専門動物病院 ドッグ&キャットホスピタル ガルファー 小泉 信輝 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
2,702 views

頼れる獣医が教える治療法 vol.055

犬の歩き方がおかしい時は要注意。跛行の原因と膝蓋骨脱臼の治療
整形外科系疾患
犬の歩き方がおかしい時は要注意。跛行の原因と膝蓋骨脱臼の治療
犬猫専門動物病院 ドッグ&キャットホスピタル ガルファー
小泉 信輝 院長
2,702 views
仙台駅から車で15分、太白区長町にある「犬猫専門動物病院 ドッグ&キャットホスピタル ガルファー」は整形外科診療に力を入れている。骨折や椎間板ヘルニアなどの高難度の手術にも対応し、飼い主様に隠さず見せる医療の透明性も相まって、宮城県内外から多くの患者が訪れている。犬で多くみられる膝蓋骨脱臼は、診断されやすい病気であるが、併発疾患を見逃されやすくセカンドオピニオンの相談も多いという。進行すると、前十字靭帯の断裂や骨の変形などの病気を引き起こす可能性があるため、適切なタイミングで治療を開始することが大切だ。東京の大学病院で研鑽を積む小泉信輝院長に、膝蓋骨脱臼の治療や手術について話を聞いた。(取材日 2021年12月17日)

膝蓋骨脱臼は時に進行性に悪化する病気。靭帯や股関節の異常が併発することも

― ガルファーでは整形外科に力をいれているのですね。

整形外科と神経外科に力を入れています。「動くと痛い」「しっかりと歩けない」といった問題を抱える犬猫は多いですが、これらの治療は経験と技術、専用の器具が揃わないと難しく、対応できる病院が多いとは言えません。
当院では、骨折や椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂などの治療を多く行っています。他院の先生からの紹介とセカンドオピニオンの相談のどちらも多いです。年々新しい治療方法が登場する分野なので、日々の勉強と知識のアップデートが欠かせません。現在は、東京の大学の研究室に所属して専門的に学んでいます。

― どのように診察をするのでしょうか?

実際の動物の動き方を見ることが何よりも大切です。最初から診察台に乗せたり、私がいきなり動物に触れることはありません。まずは、診察室や病院の外を歩いてもらい、飼い主様のお話を聞きながら動きを観察します。その際に動画を撮影することもあります。スロー再生すると体の使い方がわかりますし、治療前後での歩き方の比較にも役立ちます。
歩き方がおかしい場合は、膝や股関節、神経、免疫の病気などさまざまな原因が考えられます。若齢犬では犬種により膝蓋骨脱臼と股関節の病気であるレッグペルテスの併発、高齢犬では膝蓋骨脱臼と膝関節内の病気である前十字靭帯断裂の併発など複数の病気に罹患しているケースもあります。これらの病気を見逃さずに診断することが肝心です。

― 膝蓋骨脱臼について教えてください。

膝蓋骨という膝のお皿が外れてしまう病気です。小型犬では内側に、大型犬では外側に外れることが多く、まれに両側に外れる子もいます。膝の外れやすさにより4段階のグレードに分類され、成長とともに悪化することがある病気です。進行すると、「足の太さが左右で違う」「足をあげる」といった症状が現れやすいですが、グレードと痛みの強さに相関はありません。急にお皿が外れるとグレードの軽い子では痛みが強く出やすく、一方で、慢性的にグレード4まで進行した子でも痛みが分かりにくい子もいます。痛みをあまり感じず歩き回った結果、前十字靭帯断裂という別の病気を引き起こすケースもあります。
歩行に支障がなくても、ほかの病気を予防するため、定期的に検査をして適切なタイミングで治療を開始することが重要です。

膝蓋骨脱臼の原因に合わせて手術を行う、内科治療は運動制限と体重管理が大切

― 治療はいつから始めれば良いですか?

「痛みがある」「骨の変形がある」といった症状があれば治療の対象です。痛みの判断基準の一つが「挙上」という足を上げている動作です。例えば週1回の挙上だった子が以前より多く挙上するようになったら手術を検討してください。また、膝蓋骨が外れることにより大腿骨や脛骨が筋肉に引っ張られて湾曲した場合も手術対象です。
治療には内科治療と外科治療があります。内科治療は、主に運動制限と体重の管理です。当院では診療において曖昧な表現は使いません。「運動しないでください」という表現では、飼い主様によって受け取り方が異なってしまうので、「この犬種であれば、この運動量・運動時間・運動回数・体重を」と具体的にアドバイスをしています。
内科治療の目的は、あくまで膝や膝周囲の組織の損傷を極力防ぐことですが、残念ながら脱臼の程度が進行する子もいます。「今まで通り歩けること」「ドッグランで快適に走れること」を希望する場合は、手術が必要となります。

― 手術について教えてください。

膝の状態や原因に応じて、複数の手術手技を組み合わせて行います。たとえば、膝蓋骨が収まる溝(滑車溝)が浅ければ深く掘り、溝が正常でも膝蓋骨につながる靭帯やその根元の脛骨に異常があれば角度を調整する手術、膝を内側に引っ張る筋肉の張力が強ければ筋肉を一部切り離す手術を行います。術後に「膝が再度外れていないか」「感染を起こしていないか」「インプラントの位置は適正か」といった点を確認するため1~2週間入院します。

― 手術室はガラス張りなのですね。

飼い主様が見えない所で処置をされて結果だけを伝えられても不安があると思うので、手術環境を見られるように院内はガラス張りにしています。採血などの処置も飼い主様の目の前で行い、手術の動画も重要な部分を後日ご覧いただけます。
エコーやレントゲンシステムは大学病院と同等の高性能なものを揃えました。今後は関節鏡という機材も導入予定です。膝関節の疾患である前十字靭帯断裂に対して、当院ではTPLOという治療効果が高い新しい手術法を推奨して実施していますが、この関節鏡があれば部分断裂という初期段階で診断がつき手術ができるので、より良い手術成績を得ることができます。

ドクターからのメッセージ小泉 信輝 院長

足の痛みには、膝蓋骨脱臼と併発して前十字靭帯断裂やレッグペルテス、股関節形成不全などの病気が隠れていることがあります。膝蓋骨脱臼と診断されて痛み止めを飲んでも治らないときは、整形外科を得意とする病院のセカンドオピニオンをご検討ください。当院では、高度な医療を提供する体制を整えると同時に、麻酔や費用の問題で手術を選択できない場合でも、膝蓋骨脱臼の程度により代替の治療をご提案できることもあります。お気軽にご相談ください。

犬の歩き方がおかしい時は要注意。跛行の原因と膝蓋骨脱臼の治療
犬の歩き方がおかしい時は要注意。跛行の原因と膝蓋骨脱臼の治療

犬猫専門動物病院 ドッグ&キャットホスピタル ガルファー

場所
宮城県仙台市太白区大野田1丁目1−2 MAP
電話
022-246-0028
診察動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他 軟部外科

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE