亀山動物病院 亀山 康彦 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
7,024 views

頼れる獣医が教える治療法 vol.040

犬の心雑音~僧帽弁閉鎖不全症と超音波検査~
循環器系疾患
犬の心雑音~僧帽弁閉鎖不全症と超音波検査~
亀山動物病院
亀山 康彦 院長
8,716 views
相模線香川駅から徒歩7分、落ち着いた雰囲気の住宅街を進むと亀山動物病院のクリーム色の建物が見えてくる。茅ヶ崎で開院して30年の歴史をもつ病院だが、最新鋭の設備を揃え心臓病の治療に力を入れる。僧帽弁閉鎖不全症は進行性の心臓病で、悪化すると肺水腫や血栓症など命に関わる症状が現れるため、早期に進行を食い止めることが重要だ。「飼い主に病気を理解してもらうことが獣医師の責任」と話す亀山康彦院長は、心臓の超音波検査に精通し、心臓の大きさや血流の測定結果から、治療のタイミングや使用する薬を見極めているという。「犬の一番の味方でありたい」と語る亀山院長に、心臓病の検査や治療方針についてお話を伺った。(取材日 2020年11月14日)

13歳以上の小型犬の85%は僧帽弁閉鎖不全症。心雑音がみられたら検査が重要

― 犬で心雑音がみられた場合、どのような病気が考えられますか?

年齢により考えられる病気が異なります。若齢では先天性の病気、5歳以上では後天性の病気である可能性が高くなります。先天性の病気では、動脈管開存症や心室中隔欠損症、大動脈狭窄症などの心臓の奇形、後天性の病気では僧帽弁閉鎖不全症、三尖弁閉鎖不全症、心筋症、心内膜炎などが挙げられます。特に5歳以上ではじめて心雑音が聴取される場合は、僧帽弁閉鎖不全症が多いですね。小型犬では13歳で85%が僧帽弁閉鎖不全症になると言われています。

― どのように診断するのでしょうか?

心雑音の種類と位置により、どこの弁膜や心臓壁に異常があるかを推測します。一言に「心雑音がある」といっても、心臓が収縮、拡張を繰り返す中でいつ雑音が発生しているのか、左側、右側どちらのどの部位の心臓から音が聴取されているかは病気により異なるのです。複数の箇所に異常が見つかる場合もあります。

― 僧帽弁閉鎖不全症が疑われる場合の検査を教えてください。

レントゲン、心臓超音波、心電図、血圧、血液検査などを行います。特に超音波検査が重要です。超音波検査は、パルスドプラ法や連続波ドプラ法、組織ドプラ法といった超音波の当て方が異なる検査を駆使します。それにより、異常血流の有無や心房・心室の拡大の有無、心臓壁や弁膜の形状、大きさなど、さまざまなことが分かります。レントゲンでは心臓の大きさや形、気管支の圧迫が分かります。それらを総合的に判断して、僧帽弁閉鎖不全症の重症度を5段階(A・B1 ・B2・C・D)で評価するのです。専門的な話をするとB2の診断をする基準は、心雑音が6段階の3以上、VHS(椎骨心臓サイズ)と呼ばれる心臓の大きさが10.5以上、LVIDDN(左室拡大末期内径)と呼ばれる左室が大きくなりすぎていないかの指標が1.7以上、左心房と大動脈の大きさの割合を示すLA/LOが1.6以上です。このB2以上の場合に治療が必要となり、B1でも治療を行ったほうが良い場合もあります。
心臓病の検査は難しいものですが、カラードプラ法と呼ばれる超音波検査では、血液の流れや速さを色分けして映すことができるので、飼い主さんにも視覚的に理解してもらいやすくなりました。

12
犬の心雑音~僧帽弁閉鎖不全症と超音波検査~

亀山動物病院

場所
神奈川県茅ヶ崎市香川2丁目20−13 MAP
電話
0467-52-9067
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット 鳥
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 東洋医学 けが・その他

新着インタビュー

MORE