北央どうぶつ病院 福本 真也 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
694 views

頼れる獣医が教える治療法 vol.035

犬と猫のリンパ腫。診断とQOLを維持する抗がん剤治療
腫瘍・がん
犬と猫のリンパ腫。診断とQOLを維持する抗がん剤治療
北央どうぶつ病院
福本 真也 院長
724 views
大谷地駅から車で3分、札幌市厚別区の「北央どうぶつ病院」は、大学病院で研鑽を積んだ福本真也院長が2019年に病院を継承、二次診療施設と同レベルの医療を提供している。同院が注力する腫瘍科で多くみられる疾患の一つが「リンパ腫」である。犬・猫のリンパ腫は、無治療では生存期間が1か月といわれる恐ろしい病気だ。無症状のケースも多いが、早期に発見して治療を開始することが延命につながるという。「腫瘍を正しく診断することで、副作用の少ない治療が可能となる」「腫瘍の治療中にも、普通のワンちゃんネコちゃんと同じように生活をさせてあげたい」と話す福本院長に、リンパ腫の診断や抗がん剤治療について詳しく伺った。(取材日 2020年7月1日)

がん細胞の広がりと種類の診断が重要。リンパ腫には抗がん剤治療が有効

― 犬猫のリンパ腫について教えてください。

リンパ腫は白血球の一種であるリンパ系の細胞(リンパ球)が「がん化」することで起こります。中高齢で発生しやすく、犬では3番目に多い腫瘍です。ヒトのリンパ腫は完治する病気になってきていますが、獣医療では完治が難しく、治療の目的は延命が中心となります。1年生存率は50%、2年生存率は20~25%程度ですが、当院では7年間治療を続けているワンちゃんもおり、個体差があります。
リンパ腫は遺伝子検査や免疫染色、細胞診などで診断しますが、リンパ節ごと切除することもあれば、注射針で細胞を採取することもあり、その子の状態に配慮して検査を実施しています。
検査の結果をもとに、がん化した細胞の種類、悪性度によって、「B細胞ハイグレードリンパ腫」のように分類します。また、発生する部位によって、全身のリンパ節が腫れる「多中心型」や「消化器型」「皮膚型」などに分類しますが、体表のリンパ節だけが腫れているようにみえても、実際は消化管や脾臓もがん細胞に侵されていることが多いです。

― リンパ腫といっても違いがあるのですね。

この腫瘍の分類を把握することが、良い治療につながるのです。どのタイプのリンパ腫でどこまで広がっているかを正しく評価しないと、副作用が強く出たり状態が悪化したりする恐れがあるので、慎重に診断をしたうえで抗がん剤を選択しています。たとえば、未分化の細胞が増えるタイプでは、増殖スピードが早いので「一気にがん細胞を叩く」薬を使用し、成熟した細胞が増えるタイプでは「じわじわとがん細胞をやっつける」薬を使用します。

― 治療はどのように進めるのでしょうか?

多剤化学療法という、複数の抗がん剤を組み合わせた治療を行います。ネコの鼻腔内リンパ腫や消化管型を除き、外科手術や放射線治療をするケースはあまりありません。
どの薬をどれぐらいの量、ペースで投薬していくかの治療計画(プロトコール)に合わせて、週1回ほど来院していただきます。一般的な治療計画では1週間ごとに異なる薬を4種類投与し、休薬期間をはさみ、同じサイクルを4回繰り返します。投薬の前には血液検査やエコー検査を行い、体の状態や薬の効果を確認します。薬の種類によって異なりますが、病院の滞在時間は1時間程度です。

12
犬と猫のリンパ腫。診断とQOLを維持する抗がん剤治療

北央どうぶつ病院

場所
北海道札幌市厚別区大谷地西4丁目1−20 MAP
電話
011-893-1010
診察動物
イヌ ネコ ウサギ フェレット 鳥
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 東洋医学 けが・その他 軟部外科

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE