奥村 聡基先生 パーク動物病院 | ドクターズインタビュー

メニュー
3,073 views

頼れる獣医が教える治療法 vol.020

口から始まる「病気の予防」
歯と口腔系疾患
口から始まる「病気の予防」
パーク動物病院
奥村 聡基先生
3,616 views
名鉄線南安城駅から徒歩10分のパーク動物病院は歯科の専門診療を行っている。特に歯周病は口臭や歯茎からの出血が見られるだけでなく、骨を溶かし心臓病などほかの病気の発症リスクを高めるため、重点的に治療を行っている。「動物だって歯は痛くなる。飼い主さんが気づきにくい部分だからこそプロとしてちゃんと治してあげたい」と話す奥村聡基先生の治療は、歯の温存に注力することが特徴だ。また、治療後に健康な歯を維持するために、ホームケアを続けることを推奨しているという。奥村先生に、歯周病の予防方法や治療、ホームケアについてお話を伺った。(取材日 2017年12月7日)

歯周病は全身の病気の引き金になる。予防には家での歯磨きが大切。

―歯周病について教えてください。

歯周病は、口の中にもともと存在する細菌、いわゆる「歯周病菌」が、歯と歯茎の境目にある歯肉溝(しにくこう)に蓄積した歯垢や歯石で繁殖することにより起こる病気です。歯周病菌が毒素を出して歯茎を溶かしていくと「歯周ポケット」という深い溝が生じ、最終的には顎の骨まで溶けてしまいます。
歯周病の怖さは、それだけではありません。最近の研究で、歯周病菌の毒素が血管を通り、心臓病や腎臓病、肝臓病など全身の病気を引き起こす原因となることが証明されました。実際に、犬では心臓病の手術をする際に心臓弁を調べると歯周病菌が見つかる場合があります。また、猫では中等度の歯周病にかかると腎不全になるリスクが14倍に跳ね上がるというデータもあります。
歯周病は口の中だけの病気ではなく、ペットの全身を蝕み寿命を縮めてしまう恐ろしい病気なのです。

―歯周病予防として家でできるケアはありますか?

歯垢を取るためには、歯磨きが最も効果的です。人間の場合は歯垢が歯石化するまでに25日かかりますが、犬の場合は3日で歯石になります。だからこそ、本来は人間よりも頻繁に歯磨きをする必要があるのです。
とは言え、最初から歯ブラシを使って思うように歯磨きをさせてくれる子はいません。上手にできるようになるまで1年はかかると割り切って、気長に取り組みましょう。まずは口を触ることからはじめ、慣れてきたら歯ブラシにおいしい歯磨きペーストをつけて、歯ブラシ好きにさせます。それから、動物が嫌がらない程度の短い時間だけ歯磨きをする習慣をつけます。長時間をかけて磨くのは難しいので、短時間の歯磨き回数を増やしていくのがポイントですね。当院では、このような歯磨きセミナーも実施しています。

―パーク動物病院ではどのような歯科の相談が多いですか?

口臭を気にして来院される方が多いですね。検査をしてみると、重度の歯周病により顎の骨が折れていることもあります。トイプードルやチワワなどの小型犬は顎に対して歯が大きいので歯周病が重度になりやすく、特に高齢の子では注意が必要です。ダックスフンドは特に重度になりやすい犬種です。
また、おやつのアキレス腱やおもちゃなど硬いものを噛むことで歯が折れたり割れたりして来院する子もいます。歯の中に詰め物をするなど歯内治療を行うほか、歯に負担をかけないおやつやおもちゃの選び方もお伝えしています。

12
口から始まる「病気の予防」

パーク動物病院

場所
愛知県安城市大山町1丁目12−26 MAP
電話
0566-75-4111
診察動物
イヌ ネコ ウサギ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE