伊藤 祐典院長 パル動物クリニック | ドクターズインタビュー

メニュー
2,717 views

頼れる獣医が教える治療法 vol.019

犬・猫のリンパ腫。診断と治療
腫瘍・がん
犬・猫のリンパ腫。診断と治療
パル動物クリニック
伊藤 祐典院長
3,234 views
名鉄三河線の碧南中央駅から徒歩8分の「パル動物クリニック」は、犬猫がんセンターを設け、がん治療に力を入れている。院長の伊藤祐典先生は岐阜大学の腫瘍科で助教を務めていたこともあり、専門的な知識や二次診療での経験も豊富だ。また、他院で画像診断アドバイザーを務めるなど、CT検査やMRI検査の読影にも定評がある。セカンドオピニオンを積極的に受け入れ、データをもとに飼い主が納得できるまで時間をかけて説明することも多いという。「正しい診断が大切」と話す伊藤先生に、がん治療に取り組む姿勢や、リンパ腫についてお話を伺った。(取材日 2017年11月10日)

大学病院での経験を活かし、一次病院で専門的ながん治療に取り組む

―犬猫がんセンターを設立した経緯を教えてください。

私は大学を卒業してから約6年間、岐阜大学動物病院の腫瘍科で助教として勤務していました。
当時は一次病院(ホームドクター)から紹介された患者さんを診察することが多かったのですが、末期の状態になってから来院される方が非常に多かったのです。一次病院において、なるべく早い段階で「正しい診断、正しい治療」をすることができていれば、何とかしてあげることができたのに……。そのような思いから、当院では犬猫がんセンターを設立。地域のホームドクターでありながら、がん・腫瘍の専門的な診断治療ができる体制を整えています。

―犬猫がんセンターの体制や取り組みについて詳しく教えてください。

私は6年間、大学病院でがんを専門的に診療してきた経験を持ち、もう一人の勤務医である藤田先生も日本獣医がん学会の獣医腫瘍科認定医Ⅱ種を取得しています。
当院では血液検査や超音波検査、レントゲン検査、内視鏡検査、生検などにより診断を行っていますが、CTやMRIなど当院に設備が無い検査が必要な場合には、こちらで責任を持ってお預かりして、提携病院で検査を実施することも可能です。
現在も勉強会や学会に参加するのはもちろんのこと、新薬が開発されたら実際に使用している先生方にお話を伺ったりするなど、助教時代の繋がりも活用しながら最新の情報を吸収することに努めています。

―セカンドオピニオンも受け入れていると伺いました。

予約制でセカンドオピニオン外来の時間を設けており、1か月で4~5件ほど来院されます。
「他院で『もう手遅れ』と言われた」などご相談いただくことが多いですが、まだまだ他の治療法が提案できるケースもあります。また、余命が数か月であったとしても、「何も打つ手がない」という訳ではありません。標準的な治療である抗がん剤治療や外科手術だけでなく、苦痛を和らげる治療により余生を苦しむことなく過ごせるようにする、という選択肢もあります。

12
犬・猫のリンパ腫。診断と治療

パル動物クリニック

場所
愛知県碧南市向陽町3丁目46 MAP
電話
0566-41-7510
診察動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他

新着インタビュー

MORE