有井 良貴院長 羽根木動物病院 | ドクターズインタビュー

メニュー
4,234 views

頼れる獣医が教える治療法 vol.016

犬猫の腎臓病。症状と治療法
腎・泌尿器系疾患
犬猫の腎臓病。症状と治療法
羽根木動物病院
有井 良貴院長
5,131 views

飼い主様の生活環境に合わせた治療を提案。今後は再生医療も選択肢の一つに。

―腎臓病を発見した場合は、どのような治療を行うのでしょうか?

まずは食事療法からはじめます。「食事を変えるだけで生存期間が3倍伸びる」と言われており、犬ではタンパク質とリンを制限した食事、猫では(必要なタンパク量が多いので)リンのみを制限した食事になります。他にリンを下げるサプリメントや尿タンパクの状態によって血管拡張薬などの薬を並行して使うことも多いですね。症状によっては定期的に点滴が必要な子もいます。
腎臓病は治る病気ではなく一生付き合っていく病気なので、飼い主様の生活環境も考慮した上で、わんちゃん猫ちゃんにとってもストレスにならない治療を提案するようにしています。
また、新しい治療法として「再生医療」も取り入れています。

―再生医療とはどのような治療法なのでしょうか?

患者である犬猫自身の皮下脂肪を採取し、脂肪細胞から幹細胞を2週間ほどかけて培養し、それを腎臓に戻します。全国的にも症例数はまだ少ないのですが、腎機能に回復が見られたという報告もあります。
よく間違えられるのですが、幹細胞そのものが腎臓になるわけではありません。幹細胞が出すサイトカインという物質が、腎臓の線維化を抑制したり血管を再生したりすることで、腎機能の改善を狙います。
まだ治療法としては確立されておらず、腎臓病の進行具合によっては効果も不明確ですが、作用機序としては効果が見込める治療法です。

―腎臓病の治療に力を入れるようになったきっかけを教えてください。

実は、本格的に腎臓病の勉強に力を入れるようになったのは、開業してからのことです。余命数週間と言われた末期の患者さんが転院してきたのですが、自分の治療により延命できたことが嬉しくなり、「より多くの子を救いたい」と考えるようになったのです。
入院による治療が必要な状態であったとしても、飼い主様が治療費を負担できないこともあります。毎日点滴を打つのが効果的であっても、飼い主様の生活環境によっては病院に通うのが難しいケースもあります。そのような時にも飼い主様と話し合って、費用面や生活スタイルも踏まえた上で、その子に合わせた治療を提案できるように勉強を続けています。

ドクターからのメッセージ有井 良貴院長

飼っている犬猫の様子を見ていて「何かおかしい」と感じた時には、すぐに病院に来てください。動物は言葉を話せないので、異常に気づいてあげられるのは飼い主様だけです。特に腎臓病では、早めに病気に気づいて治療を開始すれば、進行を抑えて病気と付き合っていくことができます。 動物病院は飼い主様も動物も緊張してしまうかと思いますが、できるだけ気軽に来られるような環境作りを心がけています。

犬猫の腎臓病。症状と治療法
12
犬猫の腎臓病。症状と治療法

羽根木動物病院

場所
東京都世田谷区 代田4-10-24 代田プライムコート1F MAP
電話
03-6379-2542
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE