水野 累院長 水野動物病院 | ドクターズインタビュー

メニュー
2,283 views

頼れる獣医が教える治療法 vol.015

犬の腫瘍(がん、メラノーマ)最新治療
腫瘍・がん
犬の腫瘍(がん、メラノーマ)最新治療
水野動物病院
水野 累院長
2,382 views
清須インターチェンジから車で10分の水野動物病院は、良性腫瘍・悪性腫瘍(がん)の診療を得意としている。院長の水野累先生は、全国でも取得者が40数名しかいない獣医腫瘍科認定医Ⅰ種の資格を持つ、腫瘍治療のエキスパートだ。他の動物病院で「手術は不可能」「もう手遅れ」と診断されたケースであっても、手術可能であったり、新しい治療法を組み合わせることによって改善するケースもあるという。「悪性腫瘍であっても治るものはある」「治らない腫瘍であっても生活の質を上げることはできる」と話す水野先生に、最新の腫瘍治療や難治性腫瘍(口腔内悪性メラノーマ)についてお話しを伺った。(取材日 2017年7月4日)

その子に合った腫瘍の治療法を提案し、効果や副作用、費用も説明

―水野動物病院ではどのように腫瘍を治療しているのでしょうか?

まず、腫瘍かどうかを確定させるために組織診断や細胞診断を行います。次に、悪性腫瘍(がん)であれば、どの程度広がっているかを、エコーやレントゲン、CTなどの画像診断を用いて確認します。「どこまでの治療に耐えられるか」「治療をするメリットはあるのか」などを見極めるために、尿検査や血液検査も必要となります。これらの情報が揃ったところで、複数の治療案を検討して、飼い主様に提示しています。
主な腫瘍治療は、「外科手術」「化学療法」「放射線療法」ですが、他にも「高濃度ビタミンC点滴」「自家がんワクチン(免疫療法)」など、複数の治療案があります。

―複数の腫瘍治療の中で、どのように治療法を選ぶのでしょうか?

当院では治療の選択肢を複数提示しますが、治療法を決定する際には飼い主様のご希望を大切にしています。ですから、飼い主様が治療法を選ぶ参考となる情報、各治療法の効果や副作用のリスク、費用なども含めて説明をしています。最も効果が見込める治療であっても、費用面や副作用のリスクも考慮して、飼い主様が治療を断念されることもありますが、そういったご意見も尊重するようにしています。

―水野先生は腫瘍Ⅰ種認定医も取得されているのですね。腫瘍診療に力を入れるようになったきっかけはありますか?

まだ獣医師になって2年目ぐらいの頃、抗がん剤を教科書通りの分量で使用して亡くなってしまった子がいました。当時は、教科書がすべてだと思っていました。「腫瘍に詳しい先生であれば助けられたのに、自分は助けられなかった」ということが許せず、腫瘍の治療を学ぶことを決意しました。
当時は、腫瘍の認定医制度が存在せず、一部の大学に腫瘍に詳しい先生が数名いる程度でした。腫瘍は全身どこにでもできる病気なので、内科から外科まですべての分野を必死に勉強し、現在も継続しています。
当院の患者さんには、他院でやれる治療はやり尽くした上で転院されてくる方が多くいます。「何とかしてほしい」と来院された飼い主様のためにも、様々な治療ができるように勉強を続けています。

12
犬の腫瘍(がん、メラノーマ)最新治療

水野動物病院

場所
愛知県清須市春日振形8 MAP
電話
052-400-0805
診察動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE