重本 仁院長 王子ペットクリニック | ドクターズインタビュー

メニュー
585 views

頼れる獣医が教える治療法 vol.009

腹腔鏡手術での犬猫の避妊手術
生殖器系疾患
腹腔鏡手術での犬猫の避妊手術
王子ペットクリニック
重本 仁院長
571 views
クリニックに向かう途中、他院を受診した際に「3日間しかもたない」と告げられた犬が「今日で8か月目。今でも元気です。」という飼い主さんに偶然出会った。望まぬ生命を増やさないため、腹腔鏡を使用した避妊・去勢が行われている。都電荒川線と京浜東北線が走る王子駅から徒歩10分。王子ペットクリニックは低侵襲内視鏡センターとして腹腔鏡を使用した低侵襲医療を行っている。神の手と称したくなるような見事な手術は、出血がほとんどなく、痛みも極力抑えられるため回復も早い。当日に自分の足で立ち、退院が可能である。このような新世代医療を積極的に行う王子ペットクリニックの重本仁先生にお話しを伺った。(取材日2017年2月17日)

腹腔鏡手術はメリットが多く、いろいろな場面で応用ができます。

―腹腔鏡や内視鏡はどのような器具になるのでしょうか?

腹腔鏡は内視鏡の一つです。内視鏡は先端にカメラがついていて体内を撮影することができます。耳なじみのある器具では胃カメラも内視鏡の一つです。
内視鏡にはその用途や作りによりさまざまなカテゴリーに分かれ、鏡筒が曲がるかどうかで軟性内視鏡と硬性内視鏡に分類されます。腹腔鏡は鏡筒が硬い素材でできている硬性内視鏡の一つです。この硬性内視鏡で腹部を見るものが腹腔鏡、胸部を見るものは胸腔鏡となります。

―具体的に腹腔鏡手術とはどのような手術になりますか?

お腹に1センチ以下の傷が3つだけで腹腔内の手術や検査をすることができ、痛みも少なく、身体への負担が少ないので回復も非常に早いことが特徴です。
麻酔をかけるところまでは一般的な開腹手術と変わりません。その後通常の開腹手術では手術に必要なだけ開腹をしますが、腹腔鏡を用いると小さい傷が3つだけになります。お腹の中にガスを入れますので腹腔内もクリアに見えます。その小さく開けた傷口から腹腔鏡カメラや鉗子や超音波メスなど手術に必要な器具をいれ手術を行います。
術後は傷口を縫いますので傷もとても目立たないものになります。避妊手術では当日退院が可能な子が多いです。

―どのような症例で内視鏡を使用しているのでしょうか?

避妊手術の症例が一番多いですね。わんちゃんの避妊手術は100例以上行っています。
他には門脈体循環シャントという肝臓を迂回して全身循環に流れ込む血管奇形の治療に使用することも増えてきています。精巣が陰嚢内に下降せずに腹腔内や鼠径部に停留する潜在精巣の摘出や、副腎摘出、腎臓摘出、副腎摘出、すい臓摘出、肺切除、心膜切除、検査として肝臓や腎臓、腸、腫瘍などの生検でも使用します。腹腔内の検査や手術は腹腔鏡を用いてできるものも多いですが、すべてできるわけではありません。その子の病気、病態、身体の大きさなどによっては腹腔鏡手術を行えないこともあります。その子の状態を診て、開腹手術の方がメリットが大きい場合は、最初から開腹手術を選択することもあります。
低侵襲という医療の考え方はベースに持ち、その子にとって何が一番良い医療かということを考えて手術を行うので、低侵襲だけが一番良い医療だとは決して思っていません。

―犬や猫以外でも腹腔鏡を使用した手術を行うことはあるのでしょうか?

犬や猫以外の動物に低侵襲内視鏡を用いた医療を行う場合は、私の場合はフェレットだけです。腹腔鏡手術では換気が正常の状態の3倍必要になるため、気管チューブをしっかりと挿入できる子でのみ処置ができます。身体の構造上ウサギなどでは使用ができません。

―腹腔鏡手術を用いることのメリット、デメリットを教えてください。

傷口が小さく本人への負担が少なくすむことが一番のメリットです。麻酔の覚めも腹腔鏡を用いた低侵襲手術のほうが開腹手術より早いですし、本人の痛みや違和感の覚え方も異なります。腹腔鏡手術を行うと、個体差はありますが傷口を気にすることなく覚醒後早いうちから歩こうとする子もいるくらいです。
デメリットとしては、費用面や腹腔鏡手術を行える病院が少ないことですね。腹腔鏡手術を行うには器材を導入するだけでなく手術を行える人がいないといけません。腹腔鏡手術の症例は多くはないので経験を積む機会がどうしても少なくなってしまいます。腹腔鏡手術の場合4人ほどのチームを組んで手術を行うのですが、全員がお互いの動きを分かっていないとスムーズに処置を進めることができません。実際に腹腔鏡手術をしたい、と思っても費用面で躊躇することや身近に導入している病院がないこともあります。

123
腹腔鏡手術での犬猫の避妊手術

王子ペットクリニック

場所
東京都北区豊島1丁目22-9 MAP
電話
03-3913-2500
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 東洋医学 けが・その他

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE