瀧口 晴嵩院長 はる動物病院 | ドクターズインタビュー

メニュー
街の頼れる獣医たち vol.031
はる動物病院瀧口 晴嵩院長
3,371 views
八千代緑が丘駅から徒歩10分。新興住宅が立ち並ぶエリアに「はる動物病院」がある。建物正面の中央に設けられた入り口の先には、左右に分かれた待合室が用意されている。右が犬用、左が猫とうさぎ用だ。それぞれの待合室の正面に診察室、入院スペースがあり、院内で犬と猫が遭遇しない作りとなっている。この間取りを設計したのは瀧口晴嵩院長。犬を怖がる猫のストレスを軽減するアイデアだ。犬専用のスペースはかなり広めに設けているので大型犬も遠慮せず入ることができ、飼い主さんからも好評だという。また、同院はうさぎの診療や、腫瘍(がん)の治療が得意なクリニックとしても知られている。瀧口院長に、診療にかける思いを語っていただいた。(取材日 2018年12月10日)

待合室を分けて犬も猫もストレスフリー。治療の究極目的は飼い主と動物の幸せ

―犬と猫の待合室が分かれているのは珍しいですね。

一般的には待合室を分けるべきと推奨されていますが、狭い日本ではほぼ実現されていません。当院では待合室だけでなく、診察室と入院スペースも分かれています。犬を怖がる猫のストレスを軽減するためです。また逆に、犬専用の待合室があることで、大型犬の飼い主さんにもとても喜ばれています。多くの動物病院では、他の飼い主さんに迷惑をかけたくない一心で、中に入らず外で待たれたりするものです。当院にはボルゾイ、シェパード、バーニーズなどの大型犬もいらっしゃいますので、犬専用のスペースは全てかなり広めにしております。犬も猫も飼い主さんも通いやすい空間が実現できていると思います。

―猫の待合室には、猫がリラックスできる工夫があるそうですね。

フェリウェイというスプレーとリキッドを使用しています。フェリウェイは、猫同士が「ここは安全な場所だ」ということを伝えるために出すフェロモンを抽出したものです。この効果なのか、一般的な動物病院に比べると、待合室や診察室で猫が暴れたり逃げ出したりすることが非常に少ないですね。単純に、静かで、犬の匂いのしない診察環境が功を奏しているようにも感じます。

―診療の際に心がけていることを教えてください。

病気そのものを治すだけでなく、飼い主さんと動物の幸せを実現することを重視しています。正しいことと幸せにすることは違う場合もあるので、頭でっかちにならないように気をつけて、一方的に押し付けない対応を心がけています。そのためには飼い主さんの事情や背景を考慮しなくてはいけない場合もあります。私は動物好きですが、人好きでもあります。自分の大切なわんちゃんだったら、猫ちゃんだったら、と考える癖をつけるようにしています。また、開業後も勉強会や外部の難しい手術に積極的に参加しており、新しい知識の吸収や技術向上は一生続けるべきものと考えております。

12
犬にも猫にも快適な空間を実現、うさぎの診療や腫瘍科に注力

はる動物病院

場所
千葉県八千代市緑が丘西1−15−2 MAP
電話
047-406-5008
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット 鳥
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 けが・その他

新着インタビュー

MORE