綾部 博行院長 あやべ動物病院 | ドクターズインタビュー

メニュー
街の頼れる獣医たち vol.010
あやべ動物病院綾部 博行院長
2,843 views

1頭1頭にあった治療法を提案し、飼い主と力を合わせて治療にあたる

―診療をするにあたって先生が大切にされていることを教えて頂けますか。

飼い主さんとコミュニケーションをしっかりとり、「飼い主さんがどのような治療を望んでいるか・その子にはどのような治療がベストか」を重視して、ペットの性格や飼育状況も踏まえながら、いくつかの治療方法を提案するように心がけています。
飼い主さんのお仕事の事情なども、最大限考慮しています。例えば、お仕事の都合で来院するのが難しいという場合は、朝、ペットを当院まで連れてきてもらってお預かりして診察・治療を行うこともあります。可能な限り、お一人お一人に合わせた対応をしていきたいと思っています。
ペットホテルも併設していますので、数日間お預かりすることも可能です。飼い主さんの体調が悪く、自宅でのケアが難しいという場合も、その子をお預かりして治療することもあります。
ペットだけでなく、ご家族の方との交流も図りつつ、飼育状況にも心を配りながら、トータルで診察や治療を行うことを目指しています。

―どのような治療を行うのですか?

飼い主さんのご希望を伺いながら、その子その子に合った治療を心がけています。
予防や傷の治療以外にも、歯科や腫瘍摘出、胃腸系疾患などの手術も行っています。
最近はガンにかかる子も多く見られるようになってきましたので、細胞の一部を採取し悪性かどうかを調べる検査を行うことも増えてきています。
飼い主さんからよくいただく質問は、避妊・去勢手術についてです。お散歩の途中に立ち寄られてご相談に見える方もいらっしゃいます。早い時期から避妊・去勢手術を行う病院もありますが、当院ではその子の成長状態を見ながらアドバイスを行っております。体重や歯の生え変わりの状況は、その子ごとに違いますので、その子にとってのベストな状態で手術ができるように、と思っています。目安としては生後6ヵ月を過ぎてからおすすめすることが多いですが、猫ちゃんでスプレー行為にお悩みであれば早めに去勢手術を行う場合もあります。手術の費用やタイミング、メリットとデメリットなどお伝えしますので、お気軽にご相談にいらしていただければと思います。

―その子によって手術や治療のタイミングも異なるのですね。

ペット自身の状況や飼い主さんの環境によってどういった治療ができるかも変わってきます。ですから、「こんな治療もありますよ」と、考えられるだけの治療法を提案して飼い主さんと話し合います。ペットの治療は、獣医師だけでも、ペット自身だけでもできません。ご家族のご協力が大切になります。納得のいく治療を選択していただいた上で、最善を尽くせるよう心掛けています。

ペットたちが少しでも辛くないように、痛みを軽減することを特に意識しています。最近ではシールタイプの痛み止めもありますので、そういったものを使うこともあります。

―印象に残っている患者さんのエピソードを教えていただけますか。

心臓病で入退院を繰り返していた子が、約1か月ごとの通院で状態を維持できるほど回復したことは嬉しかったですね。心臓が悪いと食欲が落ちるので薬を飲ませるのが大変なのですが、飼い主さんも1日3回の薬を欠かさずに飲ませてくれていました。病院としても、状態を見ながら薬を変更したり、酸素室を使用しながら治療を行ったりしましたが、なによりも13歳のワンちゃん自身と飼い主さんの頑張りのおかげで回復したと思います。病院だけでは良い治療ができないので、飼い主さんとペットとみんなで病気に向き合っていけるような治療を心がけています。

―獣医師としてやりがいを感じる点はどのような時ですか?

やはり、治療を行った子たちが治った時ですね。ご家族の方が喜んでくれるのを感じた時、私自身も嬉しくなります。苦しんでいる子たちが、治療をすることで少し楽な表情になったのを見た時も、獣医になって良かったなと思います。
残念ながら亡くなってしまった子の飼い主さんが、後々ご挨拶にいらしてくれることもあります。今日も、先日亡くなったペットの飼い主さんがわざわざお礼を言いに来院してくれました。新しく迎えた2代目のペットを連れて、来院してくださる方もいます。まだこちらで開業して3年ですが、「あやべ動物病院にまた来よう」と思ってくれる飼い主さんが何組もいることは、とても嬉しいです。「これからも飼い主さんになるべく悔いを残さないように治療をしていこう」という励みにもなっています。

123
飼い主・ペットとじっくり向き合う。手厚いトータルケアが魅力

あやべ動物病院

場所
東京都大田区 池上6丁目38−3 MAP
電話
03-5747-1321
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット 鳥
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他

新着インタビュー

MORE