アリス動物病院 竹島 昌俊 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
街の頼れる獣医たち vol.050
アリス動物病院竹島 昌俊 院長
834 views

地域の交流の場としてのドッグラン。しつけ教室や移動動物園も開催します

― ドッグランを作られたのですね。

たまたま良い土地を見つけて、2020年にドッグランをオープンさせることができました。妻とともに芝生や桜を植え、季節を感じられる空間になるよう開拓しています。
普段はしつけ教室やペットの交流会で利用をしていますが、「ふれあい移動動物園」を開催した時には、当院の患者さんだけではなく地域の皆さんにも参加してもらいました。動物を飼っていない方も、馬に乗ったりパンダマウスを触ったりして、「かわいい」と喜んでいただけたことは嬉しかったですね。

― 今後はドッグランをどのように活用するのでしょうか?

お預かりの子の運動スペースや手術後のリハビリ場所としても活用していきます。また、飼い主さんにレンタルしやすいようにも整えていく予定です。病気を防ぐためには運動することも重要ですから、気軽に使っていただけるようにしたいですね。
将来的には、動物用プールやドッグカフェ、保護猫カフェも作りたいと思っています。当院では警察とも連携して、犬猫や野生鳥獣の保護活動も行っています。獣医師がいる動物病院だからこそできることがたくさんあります。病気を治すだけではなく、地域の皆さんと一緒に発展していく病院でありたいと考えます。

― スタッフさんたちとの距離も近いですね。

飼い主さんとも、スタッフ同士ともコミュニケーションを大切にしています。普段の雰囲気と親しみやすさを感じてもらいたくて、Facebookでいろいろな写真を載せています。
当院には、「誠実で責任感がある」「嘘をつかない」「利他の精神がある」など12個の行動規範があります。なにか迷ったときには規範に照らし合わせ行動するよう、スタッフ一同心がけています。

― 最後にメッセージをお願いします。

当院では、健康医療と予防医療を大切にしています。正しい飼育環境を知ることで防げる病気も多くあります。もしも病気になってしまったら、どうしていきたいかをお聞かせください。飼い主さんと相談しながら適切な治療を提供します。病気ではないときにも気軽に来られる病院、人と動物がともに幸せに暮らしていける環境作りを目指し、地域とともに歩んでいきたいと思います。

12
治療から移動動物園まで。人と動物が幸せに暮らす環境を作りたい

アリス動物病院

場所
埼玉県川越市大袋新田1861−1 リバティーガーデン川越1F MAP
電話
049-246-5664
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット 鳥
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 東洋医学 けが・その他

新着インタビュー

MORE