青島 大吾 院長 ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センター | ドクターズインタビュー

メニュー
街の頼れる獣医たち vol.023
ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センター青島 大吾 院長
1,172 views
名鉄豊田市駅から車で約5分、にぎやかな市街地を進んでいくと、淡いベージュとグレー、鮮やかなレッドが印象的な「ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センター(本院)」が見えてくる。広々と開放感ある院内は動物ごとに待合室が用意されており、ペットへの細やかな気配りが随所に感じられる。分院の豊田上野院、岡崎大和院が一次診療を担当し、本院では幅広い動物種や症例に対して専門的かつ高度な医療を提供している。院長の青島大吾先生は、レベルの高い治療を地域に提供するため、意欲的に医療設備や治療法を導入し、特に腫瘍治療に力を入れているという。地域の基幹病院としての在り方と腫瘍治療について青島先生に伺った。(取材日 2018年6月28日)

豊田市・岡崎市の基幹病院として、多くのペットに質の高い医療を届けたい

―現在3院展開されているなかで、それぞれの特徴や役割についてお聞かせください。

ダイゴペットクリニックはまず2010年に豊田上野院をオープンし、その後に岡崎大和院、豊田中央医療センター(本院)を展開しました。
豊田上野院と岡崎大和院では一次診療に携わっています。小さな病気や軽い症状を診たり、ペットの健康上のご相談に応じたり、いわゆるプライマリケアとしての診療をおこなうことが2院の役割です。対して本院では、さらに高度な医療が必要となる症状への診療が中心となります。トリミングサロンとホテルを併設し、日常生活からの体調管理にも貢献できる体制も整えています。
これら3院でしっかりと連携を取り、ペットの健康促進と飼い主さまの不安解消に役立てていくことが当院の目標です。

―動物病院における基幹病院とは何でしょうか?また、必要になるポイントを教えてください。

総合病院のなかでも専門性が高く、幅広い医療を提供できる環境、それが基幹病院としての条件だと思います。循環器科や腫瘍科など多くの診療科目を標ぼうし、難しいケースにも対応できることが大事ですね。また、犬や猫だけでなく、ウサギやハムスター、トカゲ、ハリネズミ、モモンガなどのエキゾチックアニマルへの診療も必要になってきます。
実際に本院でも、CTや放射線照射などの医療設備を導入したり、外部から講師をお招きして人材育成に力を入れたりなど、基幹病院の役目を果たせるように日々努力を重ねています。腫瘍への画像検査をはじめとする高度な医療を、これからも広げていきたいですね。

―豊田市、岡崎市で基幹病院の役割を担おうと思われた理由はございますか?

豊田市の人口は約43万人、岡崎市は約39万人と、このあたりは比較的人口が多い地域です。つまりペットの数も多くなるので、広範囲かつ専門的な治療ができる動物病院が求められると考えました。
このような環境が近くにあることで、飼い主さまもペットも気軽に通えるようになりますからね。ペットへの負担を軽減するためにも、地域に根差した基幹病院を展開するにいたりました。

12
3院の連携で一次診療から高度医療まで地域の動物医療に広く貢献

ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センター

場所
愛知県豊田市松ケ枝町2丁目33−1 MAP
電話
0565-34-1351
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他

新着インタビュー

MORE