後藤 慎史院長 小林 真也先生 久保 聡先生 皮膚と耳専門ヒフカフェ動物病院多摩川 | ドクターズインタビュー

メニュー
2,054 views

頼れる獣医が教える治療法 vol.028

犬の外耳炎のオーダーメイド治療
耳系疾患
犬の外耳炎のオーダーメイド治療
皮膚と耳専門 ヒフカフェ動物病院 多摩川
後藤 慎史院長 小林 真也先生 久保 聡先生
2,345 views

治りにくい外耳炎。複数ある原因を見落とさず飼い主と二人三脚の治療が重要

―外耳炎とはどのような病気でしょうか?

外耳炎は鼓膜の手前までの耳道で起こる炎症です。飼い主さんが耳の匂いや赤み、汚れで気づくこともありますが、トリミングで見つかるケースも多いですね。フレンチブルドッグやパグなどの短頭種はもともと耳道が狭いので外耳炎の好発犬種です。またアレルギーが原因として隠れていることも多いので、アレルギー性疾患を持っている子も発症しやすいです。
「薬をやめたら再発した」「何年も治療しているのに治らない」といった相談もいただきますが、病気を正しく理解して治療をすれば寛解を目指せる病気です。

―治療はどのように決めるのでしょうか?

原因を特定し、それに合わせた治療を行います。アレルギー性疾患やホルモン疾患、感染症など原因はさまざまです。特に外耳炎が長期化している場合には、複数の原因が複雑に関わりあって治療を困難にしています。オトスコープ検査や除去食試験、場合によってはCTなど画像検査も行い、見逃しのないように原因を特定します。
また当院では、他院で耳道の切除を提案されたことに悩まれて来院される方もいらっしゃいます。外耳炎は慢性化していくと耳道が狭くなり、悪化すると閉塞してしまうこともあるのです。そのような子では「外科に頼らずに耳道を開けること」をスタートラインとして治療を開始します。

―具体的な治療内容を教えてください

その子に合わせたオーダーメイドの治療を提案します。食べ物にアレルギーが出ているのであれば食事を見直し、感染症であれば飲み薬や点耳薬を処方します。
外耳炎は再発しやすいので「治ったから終わり」ではなく、初期・中期・長期プランと治療計画を立て、良い状態を維持することが大切です。一度治療が落ち着いたあとは薬を使わずに定期的な耳洗浄だけでコントロールできる子も多くいます。ご家庭で耳洗浄が難しい場合は病院で行いますのでご相談ください。

ドクターからのメッセージ後藤 慎史院長 小林 真也先生 久保 聡先生

皮膚と耳の治療に力を入れている病院です。リラックスできる空間を提供していますので、皮膚と耳で困っていることがありましたら気軽にご相談ください。また、カフェのスペースではドッグヨガやワークショップ、ペットの撮影会などいろいろなイベントを行っています。病院は病気になったら来るイメージがあるかと思いますが、元気なときにもカフェやトリミングに遊びに来てください。

犬の外耳炎のオーダーメイド治療
12
犬の外耳炎のオーダーメイド治療

皮膚と耳専門 ヒフカフェ動物病院 多摩川

場所
東京都大田区田園調布1-61-10 MAP
電話
03-6459-7555
診察動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE