川崎 栄也院長 動物病院サンペットクリニック | ドクターズインタビュー

メニュー
38,107 views

頼れる獣医が教える治療法 vol.011

犬や猫の腎臓がん・膀胱がん
腫瘍・がん
犬や猫の腎臓がん・膀胱がん
動物病院サンペットクリニック
川崎 栄也院長
48,033 views

「オールインワン」治療で、長く生涯を診ていきたい

―これまでで印象に残っている患者さんはいらっしゃいますか?

腎臓の腫瘍をとったゴールデンレトリバーの「ミルク」です。子犬の頃から、つまり最初から私が診ているワンちゃんです。5歳の時に腫瘍が見つかって、 「先生に見てほしい」と、以前私が勤めていた病院から転院してきてくれました。普通は他の病院からの紹介から手術することが多いのですが、以前の病院を離れた後でもわざわざ頼って来てくださって、自分が最初からずっと診てきた子を手術したので、とても印象に残っています。手術をしてから1年経ちましたが、再発もなく元気にやっています。

―どのようなことを大切に動物たちと向き合っているのかお聞かせください。

患者さんの生涯を診ることが大事だと考えています。病院で治療するだけでなく「オールインワン」で行えるよう、サロンでトリミングやしつけも行っています。単純に治すだけなら一般的な病院でもできると思いますが、「治ったから、じゃあね」ではなくて、「病気が治ったよ」って、またふらっと寄ってくれるような獣医師でありたいと思っています。 実際にそういった患者さんも多くいらっしゃってくれています。もう亡くなってしまった子の話なのですが、以前の病院から診ていたシーズーの子で一周忌の時に、飼い主さんが「お墓参りの帰りに寄ったよー」って、わざわざ寄ってくださったこともありました。そういった事も大事なのかなあと思っています。どの程度だと病院に行くべきなのかなとか、どこの病院に行こうかなとか、ちょっとした気になることでも来院していただいて構わないです。治る・治らないということだけではなく、飼い主さんと一緒にその子の生涯を見守っていきたい。犬や猫は寿命が短いのですが、その人が「動物を飼って良かった」とまたペットを飼ってくれて、その次も10年や15年というサイクルを一緒に過ごしていけたら、獣医冥利に尽きますね。

ドクターからのメッセージ川崎 栄也院長

以前と比べて、ペットの死亡率で腫瘍が一番高くなっている時代です。また、少し前では治せなかった腫瘍が、医療の進歩で治療できるようになってきています。腫瘍は治せない病気ではありません。新しい知識と多くの症例を診てきた経験を合わせて、飼い主さんと一緒に治療をしていこうと考えています。難易度の高い腫瘍外科にも対応致しますので、セカンドオピニオンとしてご相談いただいても構いません。

動物たちは病気を我慢してしまい、症状を限界まで隠してしまうことがあります。そのため、シニア期に入ったら、腫瘍の早期発見のためにも定期的な健康診断を行いましょう。

犬や猫の腎臓がん・膀胱がん
123
犬や猫の腎臓がん・膀胱がん

動物病院サンペットクリニック

場所
愛知県名古屋市緑区鳴海町中汐田271−1 MAP
電話
052-883-8693
診察動物
イヌ ネコ ハムスター
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん けが・その他

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE