つむら動物病院 津村 文彰 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
街の頼れる獣医たち vol.055
つむら動物病院津村 文彰 院長
181 views
堺市の栂・美木多駅が最寄り駅。車の往来が多い泉北環状線(府道208号線)沿いに位置する「つむら動物病院」は、広い駐車場内に立つレンガ風の外観が特徴で、笑顔のスタッフが並ぶ看板も印象的だ。2015年開院以来の津村文彰院長のモットーは、飼い主の心に寄り添うこと。対話を通じて求められていることを把握して最善と考えられる診療を提示、最終的に飼い主の不安を解消することに全力を注いでいる。なんでも気軽に相談できる病院でありたいと目指す院内は、全スタッフの温かさがにじみ出た居心地のいい空間。地域の一次診療病院として積極的な情報発信も行う津村院長に、病院の特徴や将来像などについてお話を伺った。(取材日 2021年12月14日)

いつでもなんでも話せる地域の相談拠点へ。健診の強化で予防医療も重視

― つむら動物病院の特徴を教えてください。

かかりつけの一次診療病院として、地域の健康窓口になれるホームドクターを目指しています。そのために大切なことは「いつでも気軽に相談できる拠点」であること。現在はドクター4名を含めた10数人体制で休診日は祝日のみとし、飼い主さんがいつでも駆け込める場となれるよう努力しています。ゆくゆくは年中無休にしたいですね。また、24時間電話で相談できる専門ダイヤル(提携獣医師直通)も設置しています。

― 診療に際して心がけていることはなんでしょうか。

飼い主さんの心に寄り添うことです。自分なら何を知りたいか、こういう症状の場合どんな不安を抱えるかを常に考え、お答えしたいと思っています。
多くの場合、健康保険の効く人間の診療とは違い、来院前には治療費の目安がたたないというのが実情でしょう。動物たちの健康が目的とはいえ、いろいろなご事情の方がおられるのも事実です。ですから、状況を説明した上で「こういう検査をさせてほしい、こういう治療が最適です」と費用も含めてお伝えし、けれど押しつけにならないように心がけています。飼い主さんはどうしたいのか、それぞれの心と向き合えるお手伝いができれば何よりですね。
また、お子様と一緒に来院される方も多いので、退屈しないよう待合室の工夫やケアなどにも配慮を尽くしています。

― 予防医療や定期健診に力を入れていると伺いました。

人間と同じで、病気の早期発見・早期治療には定期的に健康チェックすることが肝心です。そこで春と夏の年2回、年齢や検査項目数などの違う3コースを設けて、犬・猫共通の健康診断を実施しています。動物たち、特に年老いた犬などは体調が悪いことを本能的に隠そうとする面があるものです。言葉を話せない動物たちの小さな変化を見逃さないためにも、ぜひ定期健診を受けていただきたいですね。
健康診断の日程については、飼い主さん宅にお届けしている年2回発行の冊子『つむら通信』でダイレクトにお知らせしています。他にも、「家にある、食べたら危険なもの」「シニア期の注意」「犬猫から人にうつる病気」などの特集記事やスタッフ紹介を載せています。パラパラ眺めるだけでも「そうなんだ」と思ってもらえる、飼い主さんに知っていただきたい内容を盛り込んでいるので、ぜひご覧ください。

12
目指すは地域の相談所。対話を大切に、飼い主さんの心に寄り添う

つむら動物病院

場所
大阪府堺市南区泉田中150 MAP
電話
072-291-1181
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 東洋医学 けが・その他

新着インタビュー

MORE