オズ動物病院 大園 幸志郎 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
街の頼れる獣医たち vol.051
オズ動物病院大園 幸志郎 院長
935 views

小動物にも犬猫と同じ診療を。「いつもと違う」と感じたらすぐに病院へ

― エキゾチックアニマルと犬猫の診察で違いはあるのでしょうか?

飼い主様が不安に思われる動物の不調に対して説明や治療を行う、という基本は同じです。体重30gのハムスターやヤモリであっても必要があれば手術を行います。
異なるのは「なりやすい病気が違う」ということです。たとえば骨折の場合、犬猫では外部からの衝撃が原因となるケースが多いですが、小動物では消化管の感染症によりカルシウムの吸収ができないことが原因となるケースもあります。また飼育環境が原因で引き起こされる病気も犬猫より多いですね。診察中は基本的にケージ内にいてもらい、最低限だけ触るようにしています。「この種類のヘビは噛む、この種類は噛まない」など種類ごとの特性を知ったうえで診察をすることも大切ですね。

― 病院に連れて行くとさらに体調が悪くならないかと不安です。

飼い主様がおかしいと思ったときは、ほとんどの場合なにか問題があるので病院にいらしてください。飼い主様から電話でご相談いただくこともありますが、実際に不調があることが多いですし、電話で伺っていた症状と診察での状態が一致しない、ということもよくあります。
病院に来るのはたしかに負担になりますが、家にいても電話をしても良くはなりません。心配であれば動物のためにも早く連れて来てあげてほしいと心の底から思っています。

― 最後にメッセージをお願いします。

信頼できる、かかりつけ医を作ってほしいと思います。健康なときのデータを蓄積して検査データと比較することで病気に早く対応できます。またインターネットにはさまざまな動物の情報があふれ、執筆者が10人いれば10通りの飼い方が掲載されています。どれが正しいかと迷ったら、お金を出して得る情報、書籍の情報を参考にしてもらいたいですね。そして、動物の不調を感じたらすぐに病院にいらしてください。当院では飼い主様とペットにとって最善の治療を提供できるよう努力しています。

12
かかりつけ医による先制医療。病気にならないためにできること

オズ動物病院

場所
広島県広島市西区南観音7丁目13−16 MAP
電話
082-296-5250
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類 魚 家畜
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他

新着インタビュー

MORE