さいとう動物病院 富岡総合医療センター 齊藤 高行 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
街の頼れる獣医たち vol.043
さいとう動物病院 富岡総合医療センター齊藤 高行 院長
4,919 views
群馬県高崎駅から車で30分の富岡バイパス沿いにある「さいとう動物病院富岡総合医療センター」は2021年に移転リニューアルした病院だ。1983年の開院以降、今なお成長を続けている。獣医療の提供に加えて、トリミングサロンやドッグランを併設し、ペットを総合的にサポート。CTや4Dエコーなど最新鋭の設備をそろえ、夜間救急診療にも対応する。「地域の医療レベルを上げたい、安心して生活できる環境を提供したい」と話す齊藤高行院長が中心となり、国内外の獣医師と連携して専門診療を可能とする体制を整備。二次診療施設と同レベルの医療を提供する同院には、難治性の皮膚病や骨折などの外科手術の相談も多いという。齊藤先生に病院の特徴を伺った。(取材日 2020年8月6日・更新日2021年8月6日)

専門診療は国内外の獣医師と連携。最高レベルの医療を提供する

― リニューアルして、病院名を「さいとう動物病院」から変更されたのですね。

2021年7月に移転し「さいとう動物病院富岡総合医療センター」として再出発しました。「総合医療で地域を守っていく」という決意を病院名に込めています。診察室は7部屋に増え、駐車場も55台に増えました。飼い主様と動物たちにとって居心地の良い空間になるように、少しオシャレな雰囲気の待合室にしました。外から見えるトリミング室は飼い主様からも評判が良くて私も嬉しいですね。また、院内の設備も一新しCTや4D撮影のできるエコーを導入。セミナールームや感染症に備えた隔離室も新設しました。今までは待ち時間が長かったり、検査をほかの施設で受けていただいたりすることがありましたが、リニューアル後は検査から治療までスムーズにできるようになりました。
診療においては、引き続き各科目の専門医の獣医師と連携し治療をしています。手術設備が充実したことで、ほかの病院の院長先生や大学の先生にお越しいただき、整形外科や循環器などの難しい症例も院内で治療が可能です。

― 専門外来の体制はどのようになっているのでしょうか?

月数回ずつ専門医の先生に来てもらっています。普段は私たちが診察をし、必要に応じて専門外来を受診していただきます。専門外来の受診が難しい場合や、すぐに診断が必要な場合は、専門医へ連絡して診断を仰いでいます。
また、当院ではチーム医療を重視しています。たとえば、歩き方に違和感があり来院された場合、最初に内科の先生が診察、CT検査を行い画像診断の先生が診断して、整形外科専門の先生が手術をする、といった体制です。脱毛の原因が舐めてしまうことにあった場合では、行動療法の先生も治療を行います。
手術時は、手術動画と麻酔モニターをリアルタイムでアメリカにいる麻酔専門医の先生に共有するなど、万全の体制を整えています。

― 夜間救急診療もされているのですね。

はい、23時まで診察をしています。長年夜間診療に従事されていた獣医師が担当しています。万が一に備え、夜間専用入り口から診察室、検査室、手術室が隣り合わせの作りになっています。「自宅に帰ってきたら具合を悪そうにしている」「おもちゃを飲み込んでしまった」「交通事故にあった」など、なにかありましたらまずはご連絡ください。さいとう動物病院スタッフ一同でサポートいたします。

12
専門診療から夜間救急まで、安心を届ける群馬に根ざした動物病院

さいとう動物病院 富岡総合医療センター

場所
群馬県富岡市冨岡3058−1 MAP
電話
0274-64-0854
診察動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 東洋医学 けが・その他

新着インタビュー

MORE