近江八幡動物医療センター 森動物病院 森 健志先生 篠田 仁美先生 | ドクターズインタビュー

メニュー
街の頼れる獣医たち vol.042
近江八幡動物医療センター 森動物病院森 健志先生 篠田 仁美先生
768 views
JR近江八幡駅から徒歩7分。八幡堀で知られるこの地に根ざし、75年以上続く森動物病院には、全国でわずか35名しかいないJAHA外科認定医をはじめ、外科を専門とする複数の獣医師が在籍している。負担の少ない検査・治療を行うための設備を取り揃え、手術室は大学病院と同水準の安全性を確保しているという。3代目の森健志先生と篠田仁美先生は、特殊な手術に対応する一方で、街の動物病院でよく遭遇するケガや病気、去勢・避妊手術にも、その高度な専門性を活かして安全と安心を提供している。飼い主さんと丁寧に対話し、診療を行うお二人へ、診療に対する想いや治療の特徴についてお話を伺った。(取材日 2020年6月25日)

予防医療から高度な外科手術まで、地域のためのより良い獣医療を追求する

― 森動物病院の特徴を教えてください。

森先生:病気の早期発見・早期治療はもちろん、ワクチンや去勢・避妊手術などの予防医療、栄養指導やトリミングまで、すべてのライフステージに対応できる総合医療を提供しています。なるべく動物に負担をかけずに実施できる検査や、CT検査・内視鏡・腹腔鏡検査に対応することで、適切な診断と負担の少ない治療につながるように心がけております。
篠田先生:犬・猫の体全体を診る「総合臨床医」、高度な外科手術を行う「外科認定医」のほか、「栄養管理アドバイザー」が在籍していることも特徴です。病気ではないときにも気軽に相談できる、地域に根ざした病院を目指しております。

― 滋賀県で一番歴史の長い病院だとお聞きしました。

森先生:1945年に祖父が開業し、今では滋賀県でもっとも長く続く動物病院となりました。「ここに来てよかった」と思っていただける病院でありたい―。それが、祖父の代から続く想いです。飼い主様の期待に応えてより良い医療を追い求めることは、長く続ける病院の使命だと思います。

― 診療において大切にしていることはありますか?

森先生:街の動物病院で診る症例の9割は、食欲不振、下痢・嘔吐、血尿、皮膚病、骨折や痙攣などの症状です。そういったよく遭遇する病気をきちんと診断し、治すことがとても重要だと考えています。当院では病気を早期に発見し、長引いたり、繰り返したりすることなく、きちんと治す。そんな当たり前のことを、いかに高い質で提供できるかにこだわりたいですね。
篠田先生:私は、飼い主様とじっくり相談を重ね、その子とご家族にとって一番幸せな治療方法を考えるようにしています。私自身が出産した際に、産婦人科の先生や助産師さんの気遣いが今も心に残っており、その経験から「動物も飼い主様も安心できるような動物病院でありたい」と強く思うようになりました。

― 今後の展望をお聞かせください。

森先生:直近では診察室と面会室を新たに設け、診療時間を短縮することなく、待ち時間の解消を図ります。また、どの獣医師が診療しても、高いレベルで医療を提供できるように心がけており、スタッフ全員で質の高い医療の実現に取り組んでいます。
篠田先生:地域の人と動物のために獣医療と向き合う姿勢は変えることなく、この先も地域で一番頼れる動物病院でありたいですね。

12
よく診る病気やケガにこそ、質の高い診療を。

近江八幡動物医療センター 森動物病院

場所
滋賀県近江八幡市上田町1281−13 MAP
電話
0748-37-5222
診察動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 心の病気 けが・その他

新着インタビュー

MORE