三浦 貴裕院長 町田森野プリモ動物病院 | ドクターズインタビュー

メニュー
街の頼れる獣医たち vol.030
町田森野プリモ動物病院三浦 貴裕院長
320 views
小田急線・横浜線町田駅から境川団地方面に町田駅前通りを車で約10分。2018年9月に開院した「町田森野プリモ動物病院」は、大きな採光窓がついた白壁が印象的な明るい建物だ。看板に大きく描かれた「会員予約制」の文字が同院の特徴をはっきりと表している。愛猫のきなこちゃんと一緒に迎えてくれた三浦貴裕院長は気さくな人柄で、動物たちと飼い主の気持ちに寄り添ってくれるホームドクターとして評判が高い。そんな三浦院長に、同病院の診療ポリシーや会員予約制のメリット、歯科口腔外科分野についてお話を伺った。(取材日 2018年10月4日)

会員予約制を活かし、飼い主様としっかり向き合える病院へ

―町田森野プリモ動物病院の特徴について教えてください

当院は、プリモ動物病院グループでは初めてとなる会員予約制での診療をおこなっています。会員以外の方は診ないということではなく、非会員の方であってもしっかり診療はしますが、診療の順番は会員の方を優先するということですね。そもそも会員制を採用したのは、予約されて来院した方をお待たせしないようにしたかったからです。予約しても時間どおりに始まらず長々と待たされてしまう、という経験は皆さんあるかと思います。それでは飼い主様も「何のための予約だろう」という気持ちになりますし、何より動物にとってキャリーバッグに入れられたまま長時間過ごすのは大きなストレスです。当院では会員特典も各種用意していますが、「待たずに診てもらえる」ことが会員になる一番のメリットだと思います。

―診療の際に心掛けていることはありますか?

当院で力を入れている歯科診療の話になりますが、現状では犬や猫のほとんどがなんらかの歯周病の問題を抱えています。そのような疾患に対して、動物にとって歯は重要な部位になりますので、できる限り抜くことがないように治療を行っています。残してあげることが可能である場合は、根管治療による詰め物や歯周組織の再生などにより、歯を温存することを大事にしています。
診療全般で心がけていることとしては、終末医療が必要になった場合に、なるべく家庭で過ごさせてあげることでしょうか。動物にとっては家が一番安心できる場所なので、必要以上に入院を勧めることはしません。

―今後のビジョンとして、どのような病院を目指していらっしゃいますか?

飼い主様としっかり向き合える病院が理想です。外来が集中してしまうと、それぞれの患者さんを診察できる時間はどうしても短くなってしまいます。そういったことをなくすためにも会員制のシステムを上手に活かして、充実した診療を提供したいと考えています。
私自身は診察室にこもりっきりではなく、受付や待合室にも顔を出して、飼い主さんと積極的にコミュニケーションを取っていきたいですね。気軽に病院関係者と飼い主様が触れ合える、人間関係の豊かな病院を目指しています。

12
会員予約制を導入して、飼い主様や動物に優しい医療を目指す

町田森野プリモ動物病院

場所
東京都町田市森野6丁目28−1 MAP
電話
042-851-7211
診察動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気

新着インタビュー

MORE