森 勇雄院長 メイプル動物病院 | ドクターズインタビュー

メニュー
街の頼れる獣医たち vol.029
メイプル動物病院森 勇雄院長
683 views
世界文化遺産「二条城」。桜の名所としても知られるその場所から歩いて数分。京都の東西をつなぐ丸太町通り沿いにあるのが、メイプル動物病院だ。整形外科分野において京都屈指の治療体制を有するメイプル動物病院には、骨折や脱臼、靭帯断裂などの治療やセカンドオピニオンを求めて遠方から来院する飼い主さんがあとを絶たない。森勇雄院長は、すべての動物に対して家族と同じ思いで治療に当たることを診療方針に掲げ、より良い治療のために、自らも積極的に海外の技術研修に参加している。専門的な見地から最善の治療方法を提案する森院長へ、治療に対する想いや整形外科疾患についてお話を伺った。(取材日 2018年6月26日)

どの患者さんも、自分の家族と同じ。力の限りを尽くして治療する

―メイプル動物病院の診療方針について教えてください

「すべての動物に自分の家族と同じ気持ちで接し、家族と同じ思いで治療に当たる」こと。それを診療方針の第一に掲げています。自分の子が苦しんでいたら、当然ですが必死になって治療をしますよね。患者さんとして病院に訪れるワンちゃんや猫ちゃんも、自分の子と同じです。飼い主のみなさんへ最善の治療法を提案することを常に心がけています。

―どのような疾患で訪れる患者さんが多いですか?

当院では整形外科の治療に力を入れていることから、骨折や脱臼、靭帯断裂などの症状で訪れる患者さんが一般的な動物病院よりも多いと思います。またセカンドオピニオンや手術後の相談で来られるケースでは、遠方からの来院も少なくありません。かかりつけの病院では手術ができなかったり、手術をしたものの状態が一向に良くならなかったりといったご相談に対して、専門性を活かした治療方法やリハビリなどをご提案しています。

―印象に残っているエピソードがあれば教えてください

数ある中からあえて一つを選ぶなら、あるワンちゃんとのお別れでしょうか。小さい頃から通ってくれていたその子がかかった病気は、足のガン。あらゆる手を尽くしましたが、助けることができませんでした。あのときの感情は、今も心の中に残っています。獣医師としてたくさんのお別れを経験していたにもかかわらず、溢れる涙を抑えることができませんでしたね。

12
最新の機器と先進的な技術で骨折や脱臼などの整形外科疾患を治療

メイプル動物病院

場所
京都府京都市上京区中務町928 MAP
電話
075-821-1055
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他

新着インタビュー

MORE