宮田 泰則獣医師 宮田 翔平獣医師 宮田動物病院 | ドクターズインタビュー

メニュー
街の頼れる獣医たち vol.025
宮田動物病院宮田 泰則獣医師 宮田 翔平獣医師
1,188 views
過ごしやすく穏やかな沼津市にある宮田動物病院は、1963年の開業以来、長年にわたって地域の動物医療を担っている。アットホームな院内にはフレンドリーな獣医師やスタッフが揃い、飼い主さまともペットとも良い関係を築いている様子が伺える。治療と健康への熱意が強く、「診療からアフターフォロー、生活指導まで丁寧なサポートを受けられる」と、飼い主さまからも厚い信頼を集める。同病院は、宮田翔平先生で3代目。終始笑いの絶えないなか、2代目の宮田泰則先生と3代目を引き継ぐ翔平先生に、50年以上の歴史を持つ動物病院としての特徴と強み、今後の抱負についてお話いただいた。(取材日 2018年7月20日)

飼い主さまとの絆を良好に保つことで、緻密であたたかな診療を続けていきたい

―宮田動物病院の特徴を教えてください。

泰則先生:当院は1963年に開業し、私で2代目、息子で3代目になります。沼津市で50年以上、犬・猫を中心とした診療に携わってきました。幅広い診療科目に対応し、みなさまに信頼していただけるような環境づくりに努めています。
翔平先生:飼い主さまとの仲が良く、お互い気さくに話せることも、当院ならではの特徴です。「親身な診療」と「にぎやかな雰囲気」が強みの、元気で明るい動物病院ですね。

―動物を診療するうえで大切にしていることはありますか?

翔平先生:動物たちの代弁者である飼い主さまのお話を、一つ一つ丁寧に聞くことです。そうすることで動物たちの本当の訴えを感じ取ることができます。
そしてやはり一番に大切にしているのは、最後まで絶対に諦めないこと。たとえ難しい状況であっても、その子とそのご家族にとっての最善策を可能な限り探し続けます。1日でも長く幸せに過ごしてもらうために努力し続ける、その根気強さは開業当時から宮田動物病院の獣医師たちが継承しているものです。

―泰則先生が長く診療をされるなかで印象に残っているエピソードを教えてください。

泰則先生;私も獣医師になりたての頃は父(1代目)と診療や手術に関してよく話をしました。今は同じようなやり取りを息子とすることとなり、不思議に感じながらも嬉しく思います。他にも、開業当時の診察券を大切にお持ちいただいている方や、新しい家族を迎えてもまた当院に来院してくださる方がいらっしゃるなど、時代が流れても当院との関わりを持ち続けてくださる方が多いこともまた嬉しく思います。

―3代目となる翔平先生は、今後どのような病院にしていきたいか、抱負をお聞かせください。

翔平先生:これまで培ってきた宮田動物病院としてのベースを守りながら、より多くの動物とそのご家族に幸せな時間を長く過ごしてもらいたいですね。そのためには、今以上に診療の幅を広げ、知識・技術をさらに向上させ続けなくてはならないと考え、毎月数回セミナーや勉強会に参加し、母校の大学病院へも行っています。現在、週の半分は、私の獣医師としての第二のルーツとも言える静岡動物医療センターで研鑽しており、そこで得た経験も獣医師としての技量の底上げにとても役立っています。

12
ペットの健康と幸せに寄り添った診療を、これまでも、これからも

宮田動物病院

場所
静岡県沼津市西島町3−13 MAP
電話
055-931-1806
診察動物
イヌ ネコ ウサギ
診察領域
歯と口腔系疾患 皮膚系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 腫瘍・がん けが・その他

新着インタビュー

MORE