白畑 壮 院長 相模大野プリモ動物病院 | ドクターズインタビュー

メニュー
街の頼れる獣医たち vol.022
相模大野プリモ動物病院白畑 壮 院長
1,626 views
小田急線相模大野駅から車で約7分、閑静な住宅地の道路沿いに、清潔感あふれる白と明るいオレンジ色のコントラストが映えた建物が見えてくる。相模原市「相模大野プリモ動物病院」は、個々のご家族に合わせた診療サポートを行いながら、一次診療に収まらない質の高い高度医療を提供することが特徴だ。犬が苦手な猫のために利用できる猫専用の待合室も備えている。「動物以外の話でもどんどん話をしてほしい」と笑って話す白畑壮院長は、2017年に院長に就任し、エキゾチック診療や口腔外科など専門診療も担当する。「動物医療を通じて、地域の方々との交流を深めていきたい」と話す白畑院長に、専門診療や診療に対する思いをじっくり伺った。(取材日 2018年4月20日)

地域に密着して1.5次診療を提供、飼い主と動物に寄り添った診察を行う

―相模大野プリモ動物病院の特徴を教えてください。

一般的な総合診療科はもちろんのこと、皮膚科や歯科、小動物の治療など専門性を備えた医療にも取り組んでいます。地域に根ざしたホームドクター(総合診療医)として、些細なことでも気軽に相談してもらいながら、質の高い医療を提供できるように最新の知識や技術の習得に励んでいます。お互いに医療従事者としてレベルアップを常に図っていることは、グループ病院の強みでもありますね。腫瘍科や整形外科などに特化したスタッフもいます。当院では特に、口腔外科や皮膚科において、一次診療にとどまらない深い診療を提供しています。また、私が幼少期にカブトムシの治療をしてくれた獣医さんに感銘を受けた経験から、ペットショップで見かけるような小動物はしっかりと診療できるように体制を整え、どんな動物でも診られる動物病院を目指しています。なんでも相談してもらえる動物病院として、それぞれのご家族様に合わせた診療をサポートしています。
地域に密着した動物病院であることも特徴ですね。定期的に近所の小学校で授業を行い、学校で飼育されている動物の治療も行っています。先日は「獣医さんの1日」というテーマで話をさせてもらいました。

―犬と猫で部屋が分かれているのですね。

待合室には猫専用のお部屋を用意し、入院室も廊下をはさんでワンちゃんと猫ちゃんを分けています。また、猫専用のペットホテル「ねこの安心快適ホテル」は特にご好評いただいています。ケージタイプのホテルでは緊張してご飯を食べられなくなってしまう猫ちゃんもいますが、当院では木造の段違い棚を設置して上下運動ができるように環境を整えています。飼い主様はパソコンやスマホで画像を確認できますから、「離れていても猫ちゃんを身近に感じられる」と喜ばれています。

―白畑先生が診察の際に意識されていることはありますか?

「この病院に来て良かった」と思っていただけるように、コミュニケーションを大切にして診察しています。医療はどうしても「答えありき」で医師主導のもと進みがちですが、正解は飼い主様ごとに異なります。飼い主様にとって最善の治療を選択するためには、「この子にとってなにが一番幸せであるか」を決めることが一番大事であると考えています。
例えば抗がん剤治療では、選択する薬により効果や副作用の大きさは異なります。以前に、ご身内が抗がん剤治療をされていて、愛犬のリンパ腫の治療方針を悩まれている飼い主様がいました。話し合う中で「副作用をなるべく減らして、少しでもつらさをとって長生きさせてあげたい」とお気持ちも固まり、治療方法を一緒に選ぶことができました。「自分がその子の飼い主だったらどうするか」を常に考え、飼い主様に伝えるよう心がけています。

12
プロの総合診療医として地域で一番「やさしい獣医さん」を目指す

相模大野プリモ動物病院

場所
神奈川県相模原市南区若松2丁目4−8 MAP
電話
042-703-5521
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他

新着インタビュー

MORE